ビエラ「TH-49DX850」レビュー、思わず買ってしまったおススメ4Kテレビ!

TV
この記事は約4分で読めます。

おはようございます!
もりお(@morinomonojpです。

当ブログ「もりのもの」を読んでいただき、ありがとうございます。

 

買った!買っちまったよ!みんな!

近くに家電量販店がオープンしたんだけど、そこに行ったら4Kテレビがお手頃価格で出ていたんですよ!買ったのはPanasonic ビエラ「DX850シリーズ」の49型。なんとポイント分を引くと実質135,000円で購入できたという破格のお値段!しかも税抜き価格じゃないよ。税込み価格だよ!

買うしかない!ということで半ば勢いで購入しました。前のテレビを10年以上使っていて、内臓ハードディスクが壊れかけだったり、画面が映らないということが何回かあったので、次に買う予定の8Kテレビまでの繋ぎとしても良い選択だなと思ったのでした。

ということで、フォトレビューいっくぞ!

スポンサーリンク

ビエラ「TH-49DX850」フォトレビューいきますー

まずはビエラ「TH-49DX850」の全体像から。

TH-49DX850

前の機種が42インチだったから、若干のサイズアップだったんだけど、とても大きく見えます。だけどスペースが小さいのはベゼル(枠のことですね)が狭いからかな。

 

前のテレビベゼル

前テレビのベゼルがこれ。こんなもんですよね。

 

TH-49DX850

でも今回のベゼルがこれ!狭いベゼルですわー。今はもっと狭いベゼルのテレビあるけど、十分ですよね!

 

TH-49DX850

Panasonicのロゴがキツキツです。

 

そしてリモコン

TH-49DX850

リモコンです。
面白い機能がいくつか。

 

TH-49DX850

まずはここ。NETFLIXにすぐアクセスできます。うちはNETFLIX契約しているからいいけど、契約していない人は、単なる邪魔なボタンですよね。他メーカーのテレビでもチラホラみます。このボタン。このボタンを置いてもらうために、NETFLIXが高いお金払っているとか払っていないとか・・・。

 

TH-49DX850

そしてここ。このテレビの特長ですね。声で操作できるというやつ。リモコンを手に取れない時も、声でテレビをつけたり、操作したり、消したりできます。
正直この機能は認識性能があまりよくなく、使ったのは物珍しい最初だけでした・・・。でも、テレビつけるときは「テレビつけて!」っていえばテレビの電源が点くので、このコマンドだけはたまに使っています。

 

TH-49DX850

その中で僕が一番気に入っている箇所がここ。なんとリモコンの背面!このでっぱりがあるおかげで、リモコンをしっかりとグリップできるので、操作がしやすいんですね。なかなかやるなあ。

 

賛否両論の脚の部分は・・・

TH-49DX850

次にここ。
ネットで賛否両論醸しだしちゃってる脚の部分。Panasonicはどうやら北欧的なデザインにしたというのですが、「カッコいい!」という意見と「ダサーーー!」という意見で真っ二つ。うちは黒いテレビ台のおかげか、カッコいい感じになりました。

 

TH-49DX850

いかがでしょうか。いい感じだと思いませんか?

 

様々なサービスや機器との連携にビックリ!

TH-49DX850

ここ、びっくりしました。
10年の間にテレビはガラリと変わるものです。

このビエラ「TH-49DX850」は「Firefox OS」を搭載しているので、パソコンやスマートフォンのようにアプリを落として機能を追加することができるのです。おじさんたまげただ。

もうテレビはテレビ番組を見るだけの機器じゃないのね。

 

アプリ一覧を選んでみると、

TH-49DX850

こんな感じで連携できるサービス一覧が表示されます。

「YouTube」はもちろん、「NETFLIX」や「アクトビラ」、「Amazonビデオ」、「hulu」に「dTV」まで!もうなんでも繋げて見れるじゃないか!おじさんに毎月いくら払わせるつもりだ!払わんぞ!

 

そしてさらにアプリを落とすことも出来ます。
2017年4月現在で落とせるのは

TH-49DX850

こんなのや

 

TH-49DX850

こんなの

 

TH-49DX850

そして簡単なゲームや

 

TH-49DX850

子ども用のコンテンツ

 

TH-49DX850

ソーシャルメディア系や

 

TH-49DX850

生活密着型系コンテンツ

 

TH-49DX850

その他海外映像アプリまで・・・アルジャジーラ!汗

 

これらオンデマンド系コンテンツが簡単に見れるので、普通のテレビ番組ではまだ見れないので使うシーンに困る4Kディスプレイも、それらのコンテンツで4Kを楽しむことができます。すげー!

タイトルとURLをコピーしました